静止画と動画を比べてみて

静止画と動画を比べてみて

 

静止画と比べると動画というのは本当に楽しいもので、動きがわかるだけではなく、会話や音声などその場の情報のほとんど全てを記録して後からいつでもそれを楽しむことができるんです。ですから、絶対に忘れたくないような素晴らしい思い出を頭の中だけで覚えているのではなく、いつまでも鮮明に動画のおかげでその記憶を保つことができるんです。

 

特に私は記憶力が悪くてどんなに素敵な思い出でもすぐに頭の中で色あせて映像を思い出せなくなってしまうのですが、動画に残すおかげでそんな悩みもなくなりました。

 

もちろん、植物、花などの動かないものを撮影する時は静止画だけで十分なんですが、動物や子供、滝や海などの動くものを撮影するならば静止画は向きませんし、動画の方がずっとリアルにその良さを残すことができますから、できるだけビデオカメラで撮影するようにしています。

 

静止画はデジカメで撮影していて、ちょっとした動画ならばデジカメについている動画機能を利用していますが、もっと本格的に撮影したいという時はビデオカメラを利用するようにしています。なぜなら、ビデオカメラの方がずっと高性能で高画質に撮影することが可能だからです。もちろん最初購入する時は出費が痛いのですが。